心臓病

人では心筋梗塞が多いですが、犬では一般的には弁膜症
また猫では心臓病自体が少ないですが、心筋症になる可能性があります。
犬の場合多くは、6歳以上からですが、キャバリアだけは早期になる場合があります。
飼い主さんがよく気付くのは咳です。また運動不耐性(あまり動かない)食欲が落ちた、呼吸の回数が増えたなどで来る場合もあります。
6歳以上で咳が増えてきている場合で特に小型犬の場合には主治医の先生に聴診をしていただいたほうがよいと思います。