心タンポナーデ(心嚢水貯留)

主に慢性心不全や腫瘍により心臓が傷つくと、心膜と呼ばれる心臓を覆っている袋の中に血液が貯留すると

心臓がどんどん圧迫されることになります。

そうなると心臓のポンプとしての機能が落ちてしまい、血圧低下などが出ます。

治療は、一般的には針で心嚢液を抜くことで、心臓への圧迫が減少し

心臓のポンプの機能が回復することで、全身に十分な血液を送れるようになります。

急に嘔吐する、ひきつけを起こすなど症状も様々です。

ある程度年齢が上昇してきた場合には、このような病気もあることを知っているとよいかと思います。