誤飲

本当に飼い主さんが驚くものを飲み込むこともあります。

通常胃から3時間以内であれば胃の中にあることが多いですし

たくさん食べ物を食べていたり、大きいものであればそれ以降でも催吐処置が有効なことがあります。

これからの時期だとバーベキューなどアウトドアーで、トウモロコシの芯や焼き鳥の串、

食材を包んでいるサランラップやアルミホイルなど食欲のほうが強ければ何でも

食べるというよりは、飲んでしまいます。

散歩のときに石を食べてしまう子、お父さんの靴下やお母さんのストッキングに異常に執着する場合もあります。

色々食べてしまうことを異嗜症ということがあります。

3歳未満の若い子が多いですが、何歳になっても食べてしまった場合には早めに主治医の先生に

催吐処置を行ってもらってください。