尿道閉塞

雄猫の緊急疾患の一つです。

尿道栓子と呼ばれる物質が尿道に詰まるために尿が出なくなってしまいます。

一般的には、ストラバイトや血尿などの結合組織などが栓子になります。

いったん尿道が閉塞するともちろん食欲はなくなりますが、本人は尿を出したいために

大きな腹圧をかけるので、嘔吐を繰り返すことが多いです。

膀胱炎で残尿感の場合には、トイレにずっといるやトイレに何回も行くとなっても

食欲や元気さは落ちません。

今回の尿道閉塞の場合には、放置すると痙攣したりして急死する可能性があります。

雄猫を飼われている飼い主さんは、尿が出なくて元気がない・嘔吐している場合などは

早めに病院を受診してください。