巨大結腸

猫の便秘で代表的な病気の一つです。

もともと猫は骨盤が狭い動物種になります。

小さいころに事故などで骨盤骨折などを起こした場合などは特に骨盤腔がさらに狭くなってしまって

便が出にくくなり、結腸(大腸)が太くなり、筋肉が伸び切ってしまう感じになることがあります。

そうなるとなかなか便が出ないため、食欲が落ちたり嘔吐を繰り返す場合があります。

重度だとその都度浣腸処置を行ったりします。

軽度だと消化器サポートの可用繊維がお勧めです。

本当に重度だと結腸を短くして太く伸び切って正常な働きをしなくなった腸を

切除する場合があります。切除しすぎると下痢が続くようになってしまうため

これも生活の質という観点では注意が必要です。

高齢で腎不全になると体が脱水状態になっているので、便秘も多い症状の一つです。

また痩せてくると踏ん張るための筋肉が落ちてしまうため、よけいに便が出にくくなります。

トイレの時間が長く、便が出にくい場合には、1度主治医の先生に相談をしてみてください。