眼が白い

眼が白いということで来院される場合があります。

大きくは、目の表面の場合と白内障を含めた眼の中で起きている場合です。

一番飼い主さんが気付かれるのは、白内障です。

一般的には、6歳以上で少しづつ目が白くなっていきますが

若年性の場合は1歳前後で、急速に白内障が進行するばあがあります。

この場合には、眼科専門病院で白内障の手術を行ってもらうことがあります。

あとは角膜の外側は、子猫のヘルペス性の病気から角膜潰瘍になったり

犬の場合は外傷やシャンプー後などで角膜潰瘍になり角膜が白くなることがあります。

また緑内障も角膜内皮が損傷を受けることで、見た目が白くなることがあります。

これらの多くは、シルマー試験(涙量)、フローレス検査(角膜の傷)、眼圧(ブドウ膜炎や緑内障)などを

検査することで分かることが多いです。

緊急疾患も多いため気になる場合は早めに主治医の先生に見てもらってください。