眼をしょぼしょぼする

今回のテーマのような主訴で来院されることはどの病院でもよくあります。

一番多いのは、角膜びらんや潰瘍です。その場合には、フローレス試験で

角膜の傷を調べることで診断ができます。

次にブドウ膜炎です。角膜の傷から始まることもありますが、免疫が関与したり原因がわからないですが

眼の中で起こることがあります。多いのは、白内障が原因で始まることが多い気がします。

あとは柴犬やシーズーを中心とした緑内障。これは眼圧を測定することで簡単に調べることができます。

原発性といわれる排水溝の出口(隅角)が狭いかどうかというのは眼科専門病院になりますが

眼圧測定はどの動物病院でもできることが多いので早めに診断をすることが重要です。