インスリン

犬でも猫でも糖尿病になることがあります。

犬では、自己免疫性が多くインスリンが全く放出されなくなってしまいます。

猫では、肥満からインスリンが効きにくくなったり、膵炎から発症する場合も多いです。

この治療をするときにインスリンを使用します。

猫では、猫専用のものがありますが、犬では基本的には人のインスリンを使用します。

猫でもやはり人のものを使用する場合もあります。

まず何よりも家で飼い主さんが1日2回接種するということが重要になります。

糖尿病のなる率としては少ないかもしれませんが、実際なってしまうといかに体重減少を止めるのか?が重要です。

食欲があるのに体重が減少するということは、ほとんど食べたものがエネルギーとして使われていなくて

必要なエネルギーを自分の筋肉や脂肪を溶かしていると判断できるからです。

治療しているのに体重が減少する場合には、インスリンの種類の変更やそのほかの基礎疾患を調べる必要があります。