甲状腺機能亢進症

猫で多い病気です。

10才以上くらいで、食べている割には体重が減っていくとか、嘔吐や下痢が続いているという場合には

この病気を考える必要があります。病院によっては、10歳以上の猫ちゃんは測定している場合もあります。

この病気は実際に甲状腺ホルモンを測定することで分かります。

また肝酵素の特にALPが上昇している場合では疑うことがあります。

この病気は、わかりやすく言えば代謝更新。すべてでどんどん細胞に働けと指令が出ている感じです。

したがって、消費カロリーがどんどん増えてしまうため、食べても痩せてしまうことが多いです。

またこの病気のせいで心筋症になったり高血圧になり網膜剥離などを起こす場合もあります。

典型例は、高齢で夜泣きがひどくなってきて痩せてきたという場合などはかなりこの病気を疑います。

束ているのに痩せる場合には、糖尿病、甲状腺機能亢進症、膵外分泌不全などが猫の病気では多いです。

高齢になってきて当てはまることがあれば1度主治医の先生に相談をしていただければと思います。