超音波検査(エコー)

超音波検査も日常の診察でよく行う検査です。

特に心タンポナーデ、子宮蓄膿症、副腎の大きさ、胆嚢内の形状、腹水や胸水など

レントゲンとは異なる利点があります。

血液検査ではわからない腹腔内の腫瘍、心臓の逆流も心雑音と一緒に心臓を検査することで

より明確に左心房の拡張などがわかる場合があります。

以前と比べるとどんどん性能もよくなり、わずか数ミリがきれいに見れるようになってきています。

血液検査などで異常がある場合などで肝臓や腎臓の形態を見る意味では超音波は有意義です。