情報が多すぎて…

本日は休診日。

毎週夕方はホテルや入院の子の世話があります。

今日は急患がないので、いろいろ毎月とっている雑誌を読んでみると…。

本当に情報が多く、病気によっては僕が学生のころから全く変わっていませんが

病気によっては、本当に進化をしているため日々勉強をしていないと取り残されてしまいます。

進化を感じるのは寄生虫関係、皮膚病のかゆみ止め、制吐剤です。

最近の傾向のノミ・ダニの薬の効能外使用でアカラスにも効果があります。

以前であれば、疑わしくても約1か月は飲んで効果を見ていたのが、1回飲んで効果が見れる・・・

非常にありがたいです。痒み止めもステロイド中心から犬では副作用が多いため

かなりステロイド脱却は飼い主さんだけでなく獣医師もですね。良い薬ができています。

11月下旬には新薬が投入されます。

このように本当に開業し始めのころと比べて薬も治療も変化しています。

このような変化は現在のSNSや本・学会、勉強会で情報を得て、専門の先生に来たり

実際試して効果を判定するしかないです。

獣医は何でも屋ですね。といわれるようにすべての分野を網羅する分、情報が多すぎて

処理しきれないくらいです。弱気はだめですね。マイナス思考の僕はいつも、良くならなかったら…と考えてしまいます。

奥さんを中心にプラス思考の人を見て、そちらに行けるように努力するのみです。

10月6日は獣医師会の飼い主さんからの質問の場所に14:00~15:00に僕がいますので

時間に余裕があると思いますので、いつもの診察よりも時間を気にせずお話ができるかと思います。

よろしくお願いします。