3月突入

昨日は3月に入ったのとは関係なしで、診察が多くて待ち時間が長くなり申し訳ありませんでした。

通常診察でよく来られる皮膚病、心臓病、消化器疾患、膀胱炎以外にも耳血腫、腹腔内腫瘍、自己免疫性溶血性貧血,神経症状(昏睡)など

いろいろな病気の人が来られました。この時期はまだまだ寒いので、腎臓病は悪化しないように注意が必要です。

昨日と来週日曜日は相馬先生が休みですので、僕が午後の診察もさせていただきます。

このブログを見ていただいている飼い主さんが先月の脾臓腫瘤の文章を読んで連れてきてくれました。

まさかの直径2センチのマスを超音波で確認。昨日手術をさせていただきました。

術後も順調で本日退院予定です。このようなことがあるとブログの意味もありそうです。

まだまだ来そうな予想になります。脾臓腫瘤は最終的には、病理検査の結果が届くまでは

飼い主さんも獣医師もびくびくしてしまいます。

話は変わって例年だと3月15日に保健センターのほうから集合注射のお知らせとして届くと思います。

はがきを持参してただければすぐに手続きができますのでよろしくお願いします。

またそろそろフィラリアのはがきを郵送をさせていただく予定です。

投薬は当院は5月下旬からですので、その前に検査も含めて来ていただけるとありがたいです。