まぶたの腫瘍

今日は、トリミングのキャンセルの場所にうちの2代目のスズ太郎のサマーカットをやってもらいました。

日頃の世話がしっかりできていなくて、数カ所毛玉になってしまっていました。反省です。

1代目のハナと違って、社交性がよいのですがケージに入れているとずっと吠えています・・・。

高齢の犬に多いのが、今回のテーマのまぶたの腫瘍です。

多くはマイボーム腺腫や良性のメラノーマが多いです。

良性ですが、あまりにも大きくなってくると角膜に接触することで、角膜の傷の原因になった利することがあります。

そうなると目やにも増えてしまうことになります。

また腫瘍自体から頻繁に出血することもあります。

まぶたに何かできたかも???ということであれば主治医の先生に見てもらうとよいと思います。