フィラリア陽性

水曜日は久しぶりに南知多ビーチランドに行ってきました。

コロナ対策でイルカショーなどは、1席空けるようにソーシャルディスタンス対策がとられていました。

1年ぶりくらいに見ましたが、園内いろいろなところで工夫が増えていて、非常に企業努力を感じることができ勉強になりました。

4時までの短縮ですが、気づいたら4時ということで本当に子供たちだけでなく大人も楽しめました。

わざわざカワウソの餌やりを僕ら家族の方に来てくれて見せてくれた飼育員の人にも感謝です。

昨日久しぶりにフィラリア陽性のわんちゃんが来ました。

今回里親でもらったということで、やはりなかなか名古屋市内では感染がほとんどないと思います。

通常フィラリア陽性の犬に、フィラリア予防薬を飲ませてしまうと急性の肺炎やショックを起こす可能性があります。

そういう理由で、予防薬を開始する前に感染していないのかという検査は重要になります。

フィラリアの寿命は約6年と言われています。

一般的には、通常の予防対策、1年中投薬、フィラリアの駆虫としてヒ素剤の使用やフィラリアに感染している寄生虫を殺すということで

ビブラマイシンなどを使用する先生もいます。

今回は年齢が若くて、感染数も少ないので大きな問題は出ずにいけそうです。

5月も最後なので、今週末は混雑が予想されます。いろいろご迷惑をおかけするかもしれませんがよろしくお願いします。