子猫の結膜炎

最近毎日のように目やにが多いとか弱っている子猫を拾ったと来られます。

慣れていない子も多いのですが、月曜日には採血時に小指をかまれてしまいました。

僕自身、薬アレルギーがあるため自力で治すしかありません。

予想したとおり爪の間のかまれた部分が化膿して、小指が反対側の倍くらいになってしまいました。

手術の手袋の時に痛みが走ります。

3日目の本日でようやく治ってきました。

子猫の目やにで放置してしまうと結膜と角膜が癒着してしまいます。

そうなると最終的には眼球はもう見られないことになってしまいます。

点眼薬を中心に飲み薬を使用して、何よりも出てくる黄色の目やにをしっかり除去することが重要です。

このときにも結膜が容易に出血する場合が多いので、強い刺激を与えないことが大切です。

先生によっては、フィブリンを減らすために抗がん剤を使用する先生もいます。

インターフェロンなども使用する先生もいます。

何よりも目やにとフィブリンの管理が非常に重要です。