ノミの寄生

本日のみの寄生をしている犬や猫が数匹いたので、時期的には注意なので

もしノミの駆虫をしていない飼い主さんは、1度腰のあたりの毛を手で左右に動かしてもらって

ノミの糞が落ちないのかを見ていただくと良いかと思います。

ノミの駆虫薬には大きく、つけるタイプと経口で飲むタイプがあります。

つけるタイプもフィプロニルのような皮脂腺にとどまるタイプと

セラメクチン(レボリューション)のような吸収されるタイプがあります。

本日1匹腰のあたりのかゆみを主訴に来院されたのですが、典型的なノミアレルギーでした。

通常ノミが毎年寄生することで、ノミに対するアレルゲンを獲得していくと言われています。

したがって1~2才というよりは4才以上くらいで腰回りを異常にかゆがるというのはこのノミアレルギーも頭に入れておく必要があります。

わかりにくい場合には、主治医の先生にノミがいるのかどうか見ていただくと良いかと思います。