リモートセミナー

昨日は夜診察後、症例発表会のリモートセミナーでした。

興味深かったのは、猫の乳がんについてでした。

犬と比べると猫の場合には、悪性であることが多く人同じように転移も早いイメージがあります。

直径1センチを超えると急激に転移率なども増えている点については参考になりました。

もちろんたくさんの病院の結果なので一概には言えませんが、やはり猫の場合には早期発見・早期手術が

望まれるようです。

抗がん剤のアドリアマイシン(ドキソルビシン)を使用することで、寿命が短くなってしまっていることも

非常に参考になりました。

当院では、最近悪性で転移している場合には、分子標的薬のトセラニブ(パラディア)を2週間貯めさせていただいています。

元々は犬の肥満細胞腫のためですが、血管新生阻害の効果が有効な場合があるためです。

欠点は、費用とめちゃくちゃ橙色になってしまうことでしょうか?

本日もヒルズさんの協賛の猫の膀胱炎についてのリモートセミナーがあります。

東京で開業している猫専門病院の先生の話もあるので、楽しみです。