猫の乳腺腫瘍

今日は日曜日なので、午後は院長不在です。

よろしくお願いします。

今日は、お昼に行動学、夜は腎臓病のリモートセミナーに参加する予定です。

犬の乳腺腫瘍と比べると少ないですが、猫の乳腺腫瘍は悪性が多いです。

あっという間にこぶし大になり、浸出液が出るという状態で来られることがあります。

犬でも未分化乳腺腫瘍に分類される、炎症性乳がんも2~3週間であっという間にかまぼこの板状に

乳腺がカチカチになる感じです。

猫の乳腺腫瘍は90%が悪性になります。

しかもたちが悪いことに転移も早いです。

肺が転移しやすく、胸水がたまったり、胸膜炎を起こしてQOLがかなり落ちてしまいます。

抗がん剤や分子標的薬、また手術方法に関しても現在も色々な議論があります。

犬の場合であれば、様子を見ながらということもありますが、猫は成長が早いので

お腹にしこりがある場合には、早めに主治医の先生に見てもらってください。