肝臓腫瘍ー黄疸

この1週間で黄疸で来られた犬と猫で1匹ずつが肝臓腫瘍。

食欲不振で来院されましたが、すでに可視粘膜が黄色くなり皮膚も黄色くなっていました。

血液検査では、肝臓の数値が上昇して、ビリルビンが上昇していました。

超音波では、腹水も伴っていて、肝臓は腫瘍を形成していました。

肝臓は、犬と猫では6つに分かれていて、1つや2つだと手術でうまくいく場合もありますが

今回は、すべての肝臓に腫瘍が存在していました。こうなると外科的な治療は不可能です。

対症療法しか有りませんが、沈黙の臓器の肝臓で症状が出てきたということは

腫瘍の末期だし、肝機能の低下もあります。

本当にこのような不治の病がなくなると良いですね。

あまり力にも慣れなくて、人でいう終末期医療になります。

やはり治る病気や予防が獣医師としてもありがたいです。