食道内異物

昨日の夕方の診察で偶然にも2例続いて食道内異物が来たので書かせていただきます。

1例目は、来院時はすでに異物が流れていたため様子を見ることになりましたが、2例目は異物が食道内で確認できたため

内視鏡での処置になりました。

先代のハナが詰まらせていたのを思いだします。

症状としては、泡状の唾液を何回も吐きます。

また落ち着き鳴く、座ってもくるくる周りを回っては、泡状の唾液を吐きます。

流れた瞬間に一気に通常の様子に戻ります。

詰まった場所によっては、気管も圧迫されて窒息を引き起こすこともあります。

処置は、内視鏡での除去か消化できる物なら胃におしこみます。

犬の習性が、食べ物を噛むよりも飲んでしまうので注意が必要ですね。