Daily Archives: 2019年2月4日

 昨日は、膀胱結石の手術がありましたが、相変わらずストラバイト結晶の原因の

膀胱炎の猫ちゃんが来ます。1匹は、以前の子のブログを見てくれて

症状が似ているということで、来院してくれてやはりストラバイトが発見でき

尿道閉塞になる前の発見で済みました。

 今回テーマの低アルブミン血症も結構おられます。

まず何より検査センターに出した場合のほうが少し低めに出ることにも注意が必要です。

実際代表犬種だと柴犬の低アルブミン血症はなかなか治療に反応しないことが多いです。

人のほうでもいろいろな治療法が試されていますが、実際アルブミンがどんどん下がってしまうと

腹水から始まり、胸水もたまる場合があります。

 病気によって治療も様々ですが、超音波や内視鏡などを実施してもなかなか最終的な診断がつきにくい場合があります。

 リンパ管拡張症やリンパ腫、食事反応性や抗生剤反応性など

本当に様々です。したがって治療も、それに対する反応も様々です。

 治療への反応の良い症例から、様々な薬を使用しても反応せずに

どんどん体重が減少してしまう症例もいます。

 上にも書いた柴犬は反応の悪い代表だと思います。

下痢やおう吐などの消化器症状が続いていて、体重が減少している場合などは

1度主治医の先生に見ていただくとよいかと思います。